CentOS7 - rbenvをインストール

目次

1.パッケージ及びコマンドをインストール
2.rbenvをインストール
3.Ruby 2.3.3をインストール

作業環境

OS:CentOS 7.3
User:root ※1

※1. 本手順では、管理者権限(root)でコマンドを実行しています。
   環境に合わせて、sudoコマンドを付け加えてください。

1.パッケージ及びコマンドをインストール

環境構築に必要なパッケージとコマンドをインストール

yum install -y git gcc gcc-c++ make openssl-devel readline-devel zlib-devel autoconf bison bzip2

2.rbenvをインストール

rbenvのソールコードをダウンロード

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

環境変数を設定(シェルがbashの場合)

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

ruby-buildのソースコードをダウンロード

git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

ruby-buildをインストール

~/.rbenv/plugins/ruby-build/install.sh

おまじない

Rubyのインストール後やgemでライブラリを追加した後に実行するrbenv rehashを自動化するプラグインを追加

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-gem-rehash.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-gem-rehash

3.Ruby 2.3.3をインストール

インストール可能なRubyバージョンを確認

rbenv install --list

Ruby 2.3.3をインストール

rbenv install 2.3.3

実行ユーザで利用するRubyバージョンを指定

rbenv global 2.3.3