読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS7 - MariaDB 10.1をインストール

MariaDB

目次

1.Yumリポジトリを作成
2.MariaDB 10.1をインストール
3.MariaDB 10.1の起動と自動起動設定

作業環境

OS:CentOS Linux 7 (Core)

1.Yumリポジトリを作成

Nginx用のリポジトリを作成する

cat << EOS > /etc/yum.repos.d/mariadb.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1
EOS

2.MariaDB 10.1をインストール

YumコマンドでMariaDB 10.1をインストール

yum install -y MariaDB-server MariaDB-client MariaDB-devel

3.MariaDB 10.1の起動と自動起動設定

systemctlコマンドでMariaDB 10.1の起動と自動起動の設定

systemctl enable mariadb ; systemctl start mariadb

CentOS7 - 環境構築 Apache 2.4 + PHP 7.1

PHP Apache CentOS

作業環境

OS:CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

Apache HTTP Server(httpd) をインストール

yum install -y httpd mod_ssl

PHP 7.1をインストールするために必要なYumリポジトリ(EPEL,Remi)を追加

EPEL

yum install -y epel-release

Remi

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP 7.1 をインストール

追加したリポジトリを指定し、PHPと利用頻度が高いパッケージを一緒にインストール

yum install --enablerepo=remi-php71,epel -y php php-mysqlnd php-ldap php-gd php-xml php-bcmath php-mbstring php-pecl-mysql php-pear

php.iniタイムゾーンAsia/Tokyoに変更

sed -i 's/\;date\.timezone\ \=/date\.timezone\ \=\ Asia\/Tokyo/g' /etc/php.ini

Apacheを起動し、自動起動を有効

systemctl start httpd ; systemctl enable httpd

CentOS7 - RMagick(Ruby)で画像ファイルをリサイズする

Ruby

作業環境

OS: CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)
RMagick: 2.16.0

目次

1.パッケージを追加
2.RMagickをインストール
3.RMagickの利用方法

1.パッケージを追加

gemを利用する際、必要になるであろうパッケージを追加。

yum install -y gcc gcc-c++ make

ImageMagickを追加。

yum install -y ImageMagick ImageMagick-devel

2.RMagickをインストール

gemコマンドで RMagickをインストールする前にgem自体をアップデート。

gem update --system

RMagickをインストール

gem install rmagick

3.RMagickの利用方法

サンプルコードを実行するためにサンプル画像をダウンロード。

wget https://dlmarket-jp.s3.amazonaws.com/images/consignors/98/9871/test.jpg

画像をリサイズするサンプルコードをviコマンドで作成。

vi resize.rb

resize.rbに下記コードを貼り付け。

require 'fileutils'
require 'rmagick'

if ARGV[0] == nil
  puts "Missing filename"
  exit
else
  IMAGE = ARGV[0]
end

def info(img)
  puts "FILENAME  : #{img.filename}"        # ファイル名
  puts "FORMAT    : #{img.format}"          # フォーマット
  puts "HEIGHT    : #{img.rows} px"         # 高さ
  puts "WIDTH     : #{img.columns} px"      # 幅
  puts "CLASSTYPE : #{img.class_type}"      # クラスタイプ
  puts "DEPTH     : #{img.depth} bits/px"   # 深さ
  puts "COLORS    : #{img.number_colors}"   # 色
  puts "FILESIZE  : #{img.filesize} bytes"  # ファイルサイズ
  puts ""
end

original = Magick::Image.read(IMAGE).first
info(original)

width, height = 100, 100
image = original.resize(width, height)
image.write('result.jpg')
info(image)

サンプルコードを実行

下記コマンドを実行すると引数で渡した画像ファイルが 100 x 100 にリサイズされて、result.jpgという名前で保存されます。

ruby resize.rb test.jpg

出力結果

FILENAME  : test.jpg
FORMAT    : JPEG
HEIGHT    : 500 px
WIDTH     : 500 px
CLASSTYPE : DirectClass
DEPTH     : 8 bits/px
COLORS    : 1826
FILESIZE  : 26892 bytes

FILENAME  : result.jpg
FORMAT    : JPEG
HEIGHT    : 100 px
WIDTH     : 100 px
CLASSTYPE : DirectClass
DEPTH     : 16 bits/px
COLORS    : 708
FILESIZE  : 15682 bytes

参考サイト:Ruby - RMagick で画像情報取得!

CentOS7 - pyenvを利用して、Python3系をインストール

pyenv CentOS python

作業環境

OS:CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

Pythonの現行バージョンを確認

pythonコマンドに--versionオプションを指定してバージョンを確認。

python --version

出力結果

Python 2.7.5

目次

1.Yumリポジトリを追加
2.パッケージを追加
3.pyenvをインストール
4.pyenvの利用方法

1.Yumリポジトリを追加

yumコマンドでEPELリポジトリを追加。

yum install -y epel-release

2.パッケージを追加

pyenvのインストールに必要なパッケージを追加。

yum install -y gcc gcc-c++ zlib-devel bzip2 bzip2-devel readline readline-devel sqlite sqlite-devel openssl openssl-devel git patch kernel-devel

3.pyenvをインストール

Githubからpyenvのダウンロード。

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

pyenvのPATHを設定(Bashの場合)

vim ~/.bash_profile

.bash_profileファイルに下記内容を貼り付けて保存

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

上記設定を`source`コマンドで読み込み。

source ~/.bash_profile

ここまででpyenvのインストールは完了。

4.pyenvの利用方法

pyenvコマンドにinstall --listオプションを指定するとインストール可能なPythonバージョン一覧が取得可能。

pyenv install --list

出力結果

Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
  2.4
  2.4.1
  2.4.2
  2.4.3
~省略~
  3.5.0
  3.5-dev
  3.5.1
  3.5.2
  3.6.0

pyenvを利用してPython3系をインストール

pyenv install 3.5.2

インストールしたPythonバージョンを利用する場合はglobalオプションを指定。 ※ 特定ディレクトリ内だけに限定して、利用する場合はlocalオプションを指定。

pyenv global 3.5.2

インストール完了後に下記コマンドを実行。

pyenv rehash

pythonのバージョンを確認。

python --version

出力結果

Python 3.5.2

Pythonバージョンがpyenv globalオプションで指定したバージョンに変更されていれば完了。

以上、終わり。

CentOS7 - 決められた時刻にCRONを実行するために cronie-anacron => cronie-noanacron に変更

目次

1.cronie-anacronをアンインストール
2.cronie-noanacronをインストール
3.crondの起動と自動起動設定

作業環境

OS:CentOS 7.3

1.cronie-anacronをアンインストール

Yumcronie-anacronをアンインストール

yum -y remove cronie-anacron

2.cronie-noanacronをインストール

YumコマンドでNginxをインストール

yum install -y cronie-noanacron

3.crondの起動と自動起動設定

systemctlコマンドでcrondの起動と自動起動の設定

systemctl enable crond ;systemctl start crond

CentOS7 - 最新版のNginxをインストール

CentOS Nginx

目次

1.Yumリポジトリを作成
2.Nginxをインストール
3.Nginxの起動と自動起動設定

作業環境

OS:CentOS 7.3

1.Yumリポジトリを作成

Nginx用のリポジトリを作成する

cat << EOF > /etc/yum.repos.d/nginx.repo
[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/\$releasever/\$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1
EOF

2.Nginxをインストール

YumコマンドでNginxをインストール

yum install -y nginx

3.Nginxの起動と自動起動設定

systemctlコマンドでNginxの起動と自動起動の設定

systemctl enable nginx ; systemctl start nginx

CentOS7 - rbenvをインストール

Ruby CentOS rbenv

目次

1.パッケージ及びコマンドをインストール
2.rbenvをインストール
3.Ruby 2.3.3をインストール

作業環境

OS:CentOS 7.3
User:root ※1

※1. 本手順では、管理者権限(root)でコマンドを実行しています。
   環境に合わせて、sudoコマンドを付け加えてください。

1.パッケージ及びコマンドをインストール

環境構築に必要なパッケージとコマンドをインストール

yum install -y git gcc gcc-c++ make openssl-devel readline-devel zlib-devel autoconf bison bzip2

2.rbenvをインストール

rbenvのソールコードをダウンロード

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

環境変数を設定(シェルがbashの場合)

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

ruby-buildのソースコードをダウンロード

git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

ruby-buildをインストール

~/.rbenv/plugins/ruby-build/install.sh

おまじない

Rubyのインストール後やgemでライブラリを追加した後に実行するrbenv rehashを自動化するプラグインを追加

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-gem-rehash.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-gem-rehash

3.Ruby 2.3.3をインストール

インストール可能なRubyバージョンを確認

rbenv install --list

Ruby 2.3.3をインストール

rbenv install 2.3.3

実行ユーザで利用するRubyバージョンを指定

rbenv global 2.3.3